トップ > モバイルバッテリーとは
モバイル機器の強い味方

 スマートフォンが大分普及してきました。もしかしたら、このサイトにスマホでアクセスしてくださっている方もいるかもしれませんね。スマホは従来の携帯電話(フューチャーフォン、ガラケー)よりも便利で使い勝手がいい反面、画面が大きく通信量も大きいため、多くのユーザーがバッテリーの持ちに不満を持っているという調査結果もあります。

 この、多くのスマホユーザーが持っているバッテリーへの不満を解消してくれるのが、モバイルバッテリーです! モバイルバッテリーはスマホ、iPadのようなタブレット端末、ウォークマンやiPodのような携帯型ミュージックプレーヤー、一般の携帯電話・・などなど、様々なモバイル機器を「いつでも」「どこでも」充電できるようにしてくれる、補助のバッテリーのようなものです。

 仕組みとしては、昔からあった電池式の携帯電話充電器とあまり変わりありません。タイプにもよりますが、モバイルバッテリーの中にバッテリーや乾電池が装着されており、その電気を使ってモバイル機器の充電を行います。しかし、従来の携帯電話充電器と大きく違うのは、モバイルバッテリーは充電することで、繰り返し何度も使うことができる、という点にあります。導入コストは少し高くなりますが、繰り返し使えるのでランニングコストは何度使っても、充電にかかる電気代(1回あたり0.数円程度)だけになります。


利便性と経済性

利便性と経済性

メニュー