充電池の経済性を試算してみました

充電池の経済性


 充電池は使い捨ての乾電池と比べると、電池自体の価格が高いですし、更に充電器も用意しなければならないので初期投資がかかりますよね。充電池を買うにあたって、その問題を心配している方も多いと思います。しかし、高いのは初期投資だけで、使っていればすぐに元が取れるんです!! 以下、実際の電池の価格などもまじえながら、充電池のコストはとっても安いということを証明していきます。


初期費用の比較

 まずは初期費用から見ていきましょう。


充電池の充電器


価格
アルカリ単3・4本(100円ショップ) 108円
アルカリ単3・4本(パナソニック) 396円
充電池+充電器(eneloop 単3・4本) 1669円
eneloop 単3・4本(電池のみ) 991円

 電池だけでも、使い捨てタイプの2倍以上。
 充電器まで含めると4倍以上の価格差があります。


使えば使う程オトクに!

 初期費用が高い充電池ですが、繰り返し使い続けることでドンドンお得になっていきます。


 上の表の初期費用と、1本を1回充電するごとに掛かる電気代「0.2円」を元に試算してみます。


回数 eneloop1本あたりの
費用(初期費用+電気代)
100円ショップの使い捨て電池
1本あたりの費用
1回 417円 27円
3回 139円 81円
4回 105円 108円
10回 44円 270円
18回 27円 486円

 4回繰り返し使うことで、100円ショップの使い捨て電池よりも安くなり、以後はどんどん差が開いていくという結果になりました。


 家中の電池を充電池に切り替え、1台の充電器で使いまわしていけば4回未満で「元は取れる」はずです。


充電池の寿命はどれくらい?


 「そんな何十回も使えるわけないでしょ」
 そう思った人もいると思います。


左右のeneloopは8年前に購入

単3の充電池


 実際に私は2009年に購入したeneloopを2017年になった今でも使い続けていますが、今のところ何の問題もなく使えています。電池というと液漏れが心配になりますが、今のところそんな気配は微塵も無いです。


電気代も安くしましょう


 2016年4月から、電力会社を自分で自由に選べるようになりました。
 条件によっては今より20%近く安くなることもありますし、概ね5%程度は安くなります。手続きも5分程度で完了できお手軽、停電が増えるといったことも一切ないので乗り換えを検討してみてください。


 新聞や週刊誌でも紹介して頂いた姉妹サイトです↓


新電力比較サイト

「電力会社」は自分で選ぶ時代に。乗り換えで電気料金を安くしよう!



関連記事