それぞれの充電池の特徴を比較します!

特徴の比較

 数字だけではわかりにくい・・ という方のために、各製品の特徴を紹介します。
数字で見るだけではわかりづらい各製品の性能や、性能以外の面の違いを見ていただければ、と思います。


製品 特徴
eneloop

最も売れていて、性能的にもスタンダードな充電池といえるでしょう。
エネルギー残存率が高く、5年後でも使用できることを謳っているので
非常用の備蓄にも向いています。Made in Japan

eneloop lite

容量は小さいですが、エネループよりも充電時間が短縮、充電可能回数の増加、
低価格化・軽量化などの利点を持っています。Made in Japan

eneloop pro

容量が大きなeneloopです。
懐中電灯やラジオなど、電力消費の大きい製品にぴったりです。
Made in Japan

富士通 充電池

eneloopと同スペックの充電池です。製造元も同じです。eneloopと同じく、
容量と充電回数を高次元で両立している充電池です。eneloopと迷われたら、
価格で選ぶといいと思います。 Made in Japan

富士通 高容量充電池

eneloop proと同スペック、製造元も同じです。容量はeneloop pro、
充電式IMPULSEと並んでトップクラスなので、電力をたくさん必要とする
機器におすすめです。 Made in Japan

Amazon
ベーシック

低価格。中身は3世代前のエネループですが、
日常使用なら不満はないでしょう。安心の日本製。
おそらくエネループと同じ工場で生産されています。

充電式エボルタ
スタンダードモデル

乾電池国内シェアNo.1のパナソニック製。

充電式エボルタe

スタンダードモデルよりも容量が少なくなっていますが、
充電時間の短縮、低価格化、充電可能回数が増加しています。

充電式エボルタ
ハイエンドモデル

当サイトで紹介している中で最も容量が大きな電池。
電力消費の大きな機器に最適!

サイクルエナジー
ゴールド

容量が他の充電池よりも大きめです。金色の帯の付いたデザインで、
プレミアムな雰囲気を出しています。

サイクルエナジー
シルバー

充電可能回数の増加、充電時間の短縮といった利点があります。

充電式インパルス

単1から6P型まで幅広いラインアップが用意されています。eneloop pro、
富士通 高容量充電池と並んで容量が大きいモデルがあります。

ecoful
ecoful lite

充電器がコード式なので扱いやすいです。
充電池自体はあまりおすすめしません。

エナジャイザー
充電池

海外売上No.1の充電池です。
単4電池は容量が最も大きいのでおすすめです。


関連記事

充電池徹底比較

各商品の性能・スペックや特徴を一覧で比較します