おもちゃ・ゲーム機コントローラー

 お子さんがいる家庭では、おもちゃのために電池の買い置きをしている所は多いかもしれません。 または大人でも趣味のラジコン用に「単3電池は切らさない!」と言う方もいるでしょう。 ラジコンやミニ四駆全盛期の80年代、90年代と比べておもちゃの流行りは大きく変わりましたが、いまだにほとんどの物は電池が動力源です。 「電池代がおこづかいを圧迫する」なんて思いをお子さんにさせないために、経済的な充電池を用意してあげましょう。 消費電力が大きいおもちゃには、「eneloop pro」や「EVOLTAハイエンド」のような高容量のモデルがおススメです。 ぞれぞれライトタイプの3倍近い容量を持っていますから、持ちも3倍。 繰り返し使用可数も300回、500回となっていますので、おもちゃに飽きた後でも電池はまだまだ現役です。



ゲームコントローラー

 WiiUなどの据え置きゲーム機のコントローラーは意外と電池を食うものです。 充電池に変えたは良いものの、ライトタイプでは今までのアルカリ電池と持ちはそう変わりません。 リモコン自体が振動したり音を出したりするのでより電力消費を早めているのでしょうが、経験上、1日3時間プレイで3日と持たないのです。 こんな時こそ大容量のeneloop proEVOLTAハイエンドの出番です。
これで「肝心なところで電池切れ!」なんてストレスもなく、お友達を呼んでたっぷりプレイできます。

プラレール

 敷かれたレールに沿って家の中を所せましと動き回るプラレールは、男の子の大好きなおもちゃです。 これには、プラレールの様に小型ながらも超パワフルなeneloop proを使用しましょう。
小さなお子さんが使う事を考えると、抗菌加工が施されたeneloop proは安心ですね。

家庭用ロボット

 話しかければ愛らしい鳴き声やしぐさで答えてくれる、犬型ロボットはまさに本物のペットさながら。 一人暮らしで淋しいお年寄りや、小さなお子さんの良き友でありかけがえのない家族です。 そんなペットがある日突然動かなくなったら・・・切ないですよね。
高寿命のEVOLTAハイエンドを使えば頻繁に電池替えをする必要もなく、お子さんの夢を壊すことなくいられます。



関連記事

家庭用ロボット比較サイト

会話ロボットを始めとする、家庭用のロボットを解説