ライトやランタンにも充電池

懐中電灯

 非常用やアウトドア用に使われる懐中電灯やランタンも、その性質上充電池がおすすめです。 これらが必要になるシチュエーションを想像すればわかりますが、両方とも「いざという時使えない」では困りますね。 アウトドア用照明としてはともかく、震災時にこの電灯のあるなしが生死を分ける事もあるのです。 電池は「自然放電」という形で少しずつ電力を失っていきますので、しばらく放置していた懐中電灯類がいざという時に意味をなさない、のは珍しい事ではありません。 そんな事態を避けるためにも、自然放電が少なく、なおかつ数時間の使用にも耐えられるパワフルな充電池を使用しましょう。 これらの機器にお勧めしたいのは「eneloop pro」と「EVOLTAハイエンド」です。 2400mAh超えの大容量、1年後のエネルギー残存率は80%以上ですから、どちらも頼もしい味方です。



ライト

 一家に一本と言わず、一人一本でも用意しておきたいのが昔ながらの懐中電灯やLEDライトです。 大型台風や地震で電力の供給が立たれた時に、暗がりの中非難するためには不可欠な防災グッズですね。 また、日常でも壁と家具の隙間に落ちた物を拾う時、屋根裏や押し入れなど暗い場所で物を探す時には重宝します。 ライトを「いざという時」必ず使えるように、よりエネルギー残存率が高いeneloop proを使いましょう。

ランタン

 ライトより広範囲を明るく照らし出してくれるランタンは、非常用よりアウトドアレジャー用の便利グッズに使われる事が多いですね。 もちろん、明るいだけあってライトよりも電力消費は大きくなっています。 そんなランタンには、2014年現在国内最大容量を誇る充電池、「EVOLTAハイエンド」がおススメです。 繰り返し使用回数はやや少なめですが、300回ですから週末ごとにレジャーに行っても3年は戦えます。