充電池を使った「エコ」で「お得」な充電式カイロの紹介 寒い冬を乗り切ろう!

  • トップ
  • 電池式カイロ・充電式カイロの比較

電池式カイロ/充電式カイロとは?

ゴミが出ない! しかもお得!

 寒い季節はカイロが手放せませんよね。でも、毎日使うとゴミがたくさん出ますし、お金もかかる・・ 使い捨てのカイロは30枚入りで1000円以上するので、1枚あたり30円以上。11月〜3月の5ヶ月間、平日は毎日1枚使うとすると、3500円程度の出費になります。

 一方、使い捨てない「電池式カイロ」は本体価格は千円程度から。充電にかかる電気代も1円未満なので、使用条件によっては1ヶ月少々で使い捨てカイロより「お得」になります。しかも、カイロとして使わない季節には充電池を充電する充電器として使えたり、いざという時にスマホなどを充電するモバイルバッテリーとして使える電池式カイロもあるので、とっても便利なんです。この機会に電池式カイロを検討してみませんか?

詳細な節約額は→ 電池式カイロ | 投資的節約術
充電式カイロの種類

 電池式カイロには2種類あります。1種類目は、本体にリチウムイオン電池(スマホのバッテリーと同じ種類です)を内蔵しているタイプ。もう1つは自分で乾電池をいれて使うタイプです。こちらは自分で電池を交換できるのですが、使い捨ての電池を使うとゴミも出てしまいますし、コストも上がってしまうので電池式カイロには当サイトで紹介している充電池の使用をおすすめします。
 中でもおすすめなのはeneloop pro充電式EVOLTA ハイエンドモデルです。この二つの充電池は容量が大きいので、より長く暖かさを保つことができます。

電池式カイロ/充電式カイロの比較

 では実際に電池式カイロを選んでみましょう!

商品 タイプ 温度 持続時間 備考

E-WARMER
電池内蔵
タイプ
40〜
45℃
〜7時間 スマホ等への給電も可能
発熱は片面のみ

エコカイロ
乾電池
タイプ
45℃ 3.5〜
4時間

エコハンドカイロ
乾電池
タイプ
45℃ 3.5時間 片面のみ発熱
2個セット

e-Kairo L
電池内蔵
タイプ
39〜
42℃
3〜
4.5時間
スマホ等への給電も可能

エコウォーマープラス
電池内蔵
タイプ
38〜
43℃
2.5〜
3.5時間

eneloop kairo
電池内蔵
タイプ
39〜
42℃
2.5〜
4時間
片面だけ発熱

eneloop kairo
乾電池
タイプ
37〜
40℃
1.5〜
3時間
両面発熱タイプ
単3充電池2本使用

こんな変わり種も

 野外など電源のとれない場所でも体を温めてくれる充電式の防寒具を紹介します。全てバッテリー搭載なので、場所を選ばず使えます。



よりパワフルに暖まりたい人には

 電池式カイロは使い捨てカイロと比べると、コストでは優位なものの暖かさという面では数段劣ります。でも、寒い地域にお住まいの人や、外での作業が多い人にとっては、それでは困りますよね。電池式カイロではないのですが、暖かさを重視したい人にはハクキンカイロをおすすめします。ハクキンカイロは、ベンジンをプラチナ(白金)の触媒で分解することで大量の熱を発生させる、というちょっと変わったカイロです。暖かさは使い捨てカイロをも上回ります。以下、詳しく説明します。

ハクキンカイロの使い方

 ハクキンカイロはカイロ本体にベンジンを注入し、ライターかマッチで火口を軽くあぶって使います。火とベンジンという組み合わせから、ベンジンを燃やして暖を取るのか?と思われがちですが、ベンジンは燃やしません。先述のとおり、プラチナの触媒を通すことで化学反応を起こすことで熱を発生させるのです。なので安全性も高いです。

経済的メリットも

 ハクキンカイロの本体は2630円(2014年11月18日現在)、補充用のベンジンは500mlで731円です。

 ベンジンは使いたい時間によって自分で量を調節するのですが、12時間使いたい時は12.5cc、6時間なら6.3cc程度です。では実際にいくらかかるのか計算してみましょう。


年数 ハクキンカイロ
1回あたりコスト
使い捨てカイロ
1回あたりコスト
1年目 46.3円 35円
2年目 33.2円 35円
3年目 29円 35円

 11月〜3月の5ヶ月間、平日は毎日使用すると仮定して算出した結果です。北海道や東北、北陸などを除けば使用期間はこれより半月〜1ヶ月程度短くなるでしょう。しかし、使用頻度が高ければこのように2年目、3年目で使い捨てカイロよりも「お得」になるのです。それでいて暖かさは使い捨てカイロ以上。これはもう買うしかありませんね!

デメリットも

 ただし、デメリットもあります。最大のポイントはベンジンの注入作業の面倒さでしょうか。慣れれば1分もかかりませんし、作業中にタバコを吸わないなど最低限のことを守れば危険はほとんどありません。しかし、袋から出すだけで使える使い捨てカイロと比べると、どうしても面倒に感じるかもしれません。ライターやマッチで火口をあぶる作業も、少々面倒に感じるでしょうね。


 ただ、先述のとおりハクキンカイロの暖かさ・経済性はとっても魅力だと思います。ハクキンカイロ本体の摩耗する部品も、交換できるので長く使えます。この機会にぜひ検討してみてください。