ワイヤレスマウス・キーボードにも充電池

ワイヤレスマウス・キーボード

 今や何でも小型化・無線化する時代、PC周りもずいぶんすっきりしてきましたね。 マウスとキーボードをワイヤレスにして、今までより作業がはかどるようになった方も多いでしょう。 有線でつながっている機器は当然PCから電力の供給を受けられますが、ワイヤレスの場合はそうはいきません。 とは言ってもせっかくデスク周りがすっきりしたのに、「予備電池」を常にストックしておくのもあまりスマートではありません。 従来の乾電池よりも容量が大きくて持ちも良い「充電池」に切り替えていきましょう。 電力の消費が少ないワイヤレスマウスやキーボードには、「eneloop lite」や「EVOLTA e」がおすすめです。 スタンダードタイプよりは容量はやや少なめですが、低コストで十分なパフォーマンスを得ることができます。



ワイヤレスマウス

 一度使うともう手放せないのがワイヤレスマウス。 ノートPCのスライドパッドが苦手な方でも、小型で接続の手間いらずなワイヤレスマウスがあれば出先で重宝しますよね。 元々電力の消費が少ないワイヤレスマウスには、エネルギー残存率の高いeneloop liteがおススメ。 使わないのに自然放電してしまうといったエネルギーのロスが少ないので、まさに適材適所の配置です。

キーボード

 マウスよりはやや電力消費量の多いキーボードには、少し容量の多いEVOLTA eをおススメします。 繰り返し使用回数は4000回ですから、もちろんキーボードより長持ちです。 ただしEVOLTA eはeneloop liteと同じくパナソニック製なので品質上は問題はないものの中国の工場で生産されています。 ちょっと気になる方は、キーボードにもeneloop liteを選ばれるとよいかもしれません。